”商都高崎”の歴史を想う夏の夜。

蝉の存在感を強く感じる夕方。8月1日。
私たちは寒色の夏着物に身を包み、地元高崎の老舗料亭にお邪魔いたしました。 
創業明治14年。
このたび同店の代表が代替わりで交代されることとなられたそうで、市長はじめ日々最前線で高崎を支えて下さっている経営者のみなさんがご列席の大きなご宴席です。
そんな記念すべきお祝いのお席へ華を添えるために。

 同店を中心としたお集まりとあって宴は大盛り上がり!少し落ち着いたところでご披露のお時間をいただきました。
盛夏の夜、地元高崎でのひととき。風情ある建物に響く三味線の音色。
この空間だけが、昭和の初期に戻ったような。。100年近く前にもこのような宴が開かれていたのかしら・・と昔昔に思いを馳せながら、務めさせていただきました。
三味線が聞けて良かった、こういうものはぜひ遺してゆきたいね・・とお客様からお声がけをいただきました。思い出に残る昔物語のような時間を、ありがとうございました。
#魚仲 #高崎料亭 #あかりや高崎 #灯家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA